News & Press

Green Hills Software Adds Industry-Leading Advanced Software Development Tools Support for RISC-V

グリーン・ヒルズ・ソフトウェア、RISC-V向けに業界最高クラスの先進ソフトウェア開発ツールを提供
RISC-V, embedded development

SANTA BARBARA, CA — Jun 2, 2020 — Green Hills Software, the worldwide leader in embedded safety and security, today announced the availability and early customer adoption of its advanced software development tools targeting 32- and 64-bit RISC-V processor architectures. The MULTI® integrated development environment, multicore debugger, optimizing C/C++ compilers and hardware JTAG probe is the professional, high-quality complete solution for software developers targeting pre-silicon and silicon platforms using RISC-V. Customers today are using the Green Hills solution for RISC-V to achieve shorter development times, higher processor performance, and to gain competitive differentiation through the RISC-V’s custom instructions and modular instruction set architecture.

Thousands of successful customers trust Green Hills Software's development tools to build, debug, and deploy critical, high performance systems for automotive, defense, medical, transportation, storage and industrial applications. Green Hills brings a unique pedigree to RISC-V, having delivered optimizing compilers for 37 processor architectures since 1982, including Arm®, Intel® Architecture, Power Architecture®, MIPS, RH850 and TriCore to name a few.

"We welcome Green Hills Software into the MI-V RISC-V ecosystem and look forward to collaborating with them to allow our mutual customers to deliver market-leading solutions in shorter periods of time," said Shakeel Peera, Associate Vice President of the Field Programmable Gate Array business unit at Microchip. "PolarFire® SoC FPGAs deliver world-class, low-power computing with market-leading security and reliability that will be even easier to implement when coupled with the Green Hills MULTI development environment."

"Green Hills development tools are known in the embedded industry for professional quality and proven performance," said Rob Oshana, Chairman of the openHW Board of Directors, Board Member of RISC-V International Board of Directors, and VP of Software Engineering R&D at NXP Semiconductors. "A key factor for the sustained success of RISC-V depends on trusted global software industry leaders like Green Hills, and I’m very pleased to see them add RISC-V to their portfolio."

“We’re pleased to welcome Green Hills Software to the RISC-V ecosystem, offering support for innovators in the safety-critical and reliability fields," said Dr. Yunsup Lee, CTO, SiFive. “SiFive’s mission of Idea-to-Silicon is enabled by robust, comprehensive software platforms from partners, such as Green Hills Software, developing support for SiFive processors."

Optimized for RISC-V
The Green Hills software development tools support both 32-bit and 64-bit RISC-V architectures and provide for the Integer, Multiply/Divide, Atomic, Compressed, and Single- and Double-Precision Floating Point modules. Importantly, users can add their own custom RISC-V instructions and easily use them in the Green Hills compiler, assembler, MULTI debugger, and instruction set simulator. RISC-V’s separate privileged instruction set specification is also supported. Green Hills Compilers support ISO/IEC 14882:2011 (C++11), ISO/IEC 14882:2014 (C++14) and ISO/IEC 14882:2017 (C++17) which offers a number of new language features and standard libraries. In addition to this support, the Green Hills Compilers also support Embedded C++ and GNU C/C++ extensions.

Functional Safety and Code Quality
The MULTI toolchain was first in the industry to be certified to meet the highest levels of tools qualification and C/C++ runtime certification for automotive, industrial and railway applications (ISO 26262, IEC 61508, EN 50128). Certification support and evidence for MULTI and the C/C++ run-time libraries for RISC-V will be available in CY2021 to enable customers’ FuSa production program requirements.

To help prevent new software bugs in RISC-V applications, an integrated MISRA C/C++ Adherence Checker for MISRA 2004 and MISRA 2012 is seamlessly integrated in the MULTI development tools, while the DoubleCheck™ static source analyzer identifies programming errors. Unlike traditional static analysis tools that run separately from the compiler, DoubleCheck automatically runs during compilation. The Run-Time Error Checking tool complements DoubleCheck by finding bugs at run-time that cannot be identified by static analysis alone.

Find and Fix Bugs Faster
The MULTI development tools can quickly identify and solve other difficult problems during software development on RISC-V and other leading 32- and 64-bit processor architectures. Some popular features include:

  • The MULTI debugger and JTAG Probe bring single-window debugging and control on complex heterogenous system-on-chips (SoC) comprised of one or more RISC-V cores with other cores such as Arm.
  • The powerful Profiler pinpoints performance bottlenecks by clearly displaying processor times consumed by each task, function, source line, and assembly language instruction.

Availability
The MULTI development tools, optimizing C/C++ compilers and Green Hills Probe for RISC-V are available today. For more information about Green Hills products for RISC-V, please see https://ghs.com/go/risc-v.

About Green Hills Software

Founded in 1982, Green Hills Software is the worldwide leader in embedded safety and security. In 2008, the Green Hills INTEGRITY-178 RTOS was the first and only operating system to be certified by NIAP (National Information Assurance Partnership comprised of NSA & NIST) to EAL 6+, High Robustness, the highest level of security ever achieved for any software product. Our open architecture integrated development solutions address deeply embedded, absolute security and high-reliability applications for the military/avionics, medical, industrial, automotive, networking, consumer and other markets that demand industry-certified solutions. Green Hills Software is headquartered in Santa Barbara, CA, with European headquarters in the United Kingdom. Visit Green Hills Software at https://www.ghs.com.

Green Hills, the Green Hills logo, MULTI and DoubleCheck are trademarks or registered trademarks of Green Hills Software, in the U.S. and/or internationally. All other trademarks are the property of their respective owners.

グリーン・ヒルズ・ソフトウェア、RISC-V向けに業界最高クラスの先進ソフトウェア開発ツールを提供

  • 業界トップ企業であるGHSが、カスタム・インストラクション・サポートを含む38年にわたる組込みコンパイラ機能開発と最適化に関する専門知識を、RISC-Vアーキテクチャに提供
  • SoCとシリコン上でマルチコア・ヘテロジニアス・コアをコントロールしながら、単一IDEが共通のC/C++コンパイラ・スィートを提供
  • ISO 26262, IEC 61508, EN 50128向けの最上級の安全レベルでのソフトウェア開発のための、安全認証を提供

組込み向け安全性・セキュリティ分野の世界的トップ企業であるGreen Hills Software(本社: 米カリフォルニア州サンタバーバラ)は、32/64ビットRISC-Vプロセッサ・アーキテクチャ向けの先進ソフトウェア開発ツールを発表しました。開発したのはMULTI® 統合開発環境、マルチコアデバッガ、最適化されたC/C++コンパイラ、ハードウェアJTAGプローブで、これらはRISC-Vを用いたプリシリコン/シリコンプラットフォームを対象とするソフトウェアデベロッパ向けに、プロフェッショナル仕様の完全な高品質ソリューションです。顧客は現在、RISC-Vのカスタム・インストラクションとモジュラー・セット・アーキテクチャを通した、より短い開発期間とより高いプロセッサ性能の実現、市場競争力のある差別化実現のために、グリーン・ヒルズのソリューションを活用しています。

数千社以上の顧客に導入されているグリーン・ヒルズ・ソフトウェアの開発ツールは、自動車、防衛、医療、輸送、倉庫、インダストリアル(産業)各種向けの構築とデバッグ、重要かつ高性能システムの運用に採用されています。グリーン・ヒルズはRISC-Vに優れた製品を提供するほか、1982年以来、Arm®、Intel® Architecture、Power Architecture®、MIPS、RH850、TriCoreを含む、37プロセッサ・アーキテクチャに最適化されたコンパイラを提供しています。

グリーン・ヒルズ・ソフトウェアで、アシア太平洋地区オペレーション担当バイスプレジデントを務めるマシュー・スレイガー(Matthew Slager)は、次のように述べています。「グリーン・ヒルズ・ソフトウェアは、業界最高クラスのMULTI IDEをRISC-V市場へ提供できることを誇りに思います。弊社の先進的なデバッグ機能は、素早くソフトウェアをプロファイルすることにより、パフォーマンスのボトルネックやエラーの速やかな特定を可能にし、開発者はバグのないコードの市場投入時間を短縮することができます。MULTIデバッガとGreen Hills JTAG Probeを使用することで、RISC-V、ARM、MIPSなどが混合されているマルチプロセッサアーキテクチャのチップの制御とデバッグが可能です。弊社の先進的なコンパイラはRISC-Vアーキテクチャの能力をフル活用し、高性能で安全かつロバストなコードを最新の言語機能とともに提供します。新RISC-Vユーザも評価が高く、組み込み業界で幅広く使われているMULTIツールスイートに対して感銘を受けること間違いありません」

マイクロチップ社でFPGAビジネス部門担当アシスタント・バイス・プレジデントを務めるShakeel Peera氏は、次のように述べています。「私たちはグリーン・ヒルズ・ソフトウェアのMI-V RISC-Vエコシステムへの参画を歓迎すると共に、当社の顧客が短期間での市場をリードするソリューションの提供を可能とするために、彼らとの共同作業を楽しみにしています。PolarFire® SoC FPGAは、グリーン・ヒルズ・ソフトウェアのMULTI開発環境と共に使用することで、市場をリードするセキュリティと信頼性を提供する業界最高クラスの低消費コンピューティングの実現を容易にします」

openHWのBoard of DirectorsのChairman、RISC-V International Board of Directorsのボードメンバーで、NXP SemiconductorsでエンジニアリングR&D担当バイスプレジデントを務めるRob Oshana氏は、次のように述べています。「グリーン・ヒルズの開発ツールの高度な専門レベルの品質と卓越した性能は、組込み業界で知られています。RISC-Vの継続的な成功にとって鍵となるのは、グリーン・ヒルズのような定評あるグローバルなソフトウェア業界のリーディングカンパニーに負うところが大きく、私は彼らのポートフォリオにRISC-Vが加わることを大変うれしく思います」

SiFiveでCTOを務めるDr. Yunsup Leeは、次のように述べています。「私たちは、グリーン・ヒルズ・ソフトウェアが、セーフティ・クリティカルかつ信頼性に関する分野のイノベータへのサポートのために、RISC-Vエコシステムに参画することを歓迎します。「アイディアをシリコンに」というSiFiveのミッションは、SiFiveプロセッサの開発を支えるグリーン・ヒルズ・ソフトウェアのようなパートナーが提供する、ロバストで包括的なソフトウェアによって実現するものです」

RISC-Vに最適化
グリーン・ヒルズ・ソフトウェアのソフトウェア開発ツールは、32/64ビットRISC-Vアーキテクチャをサポートするほか、インテジャー、Multiply/Divide、アトミック、圧縮、シングル/ダブル・プレシジョン浮動小数点モジュールを提供します。重要なのは、ユーザが自身のカスタムRISC-Vインストラクションを、グリーン・ヒルズのコンパイラ、アセンブラ、MULTIデバッガ、インストラクション・セット・シミュレータで容易に使用できることです。また、RISC-Vの分離された特有のインストラクションセット仕様もサポートされています。また、グリーン・ヒルズのコンパイラは、多くの新言語機能や標準ライブラリに対応するISO/IEC 14882:2011 (C++11)、ISO/IEC 14882:2014 (C++14)、ISO/IEC 14882:2017 (C++17)をはじめ、組込みC++ and GNU C/C++エクステンションをサポートしています。

機能の安全性とコード品質
MULTIツールチェーンは、自動車、各種産業、鉄道アプリケーション(ISO 26262, IEC 61508, EN 50128)向けの高レベルなツール資格を満たす認証とC/C++ランタイム認証を、業界で初めて取得しています。MULTI向けの認証サポート並びにエビデンスと、RISC-V向けのC/C++ランタイム・ライブラリは、顧客のFuSaプロダクション・プログラム要件に対応できるよう、2021年に提供する予定です。

RISC-Vアプリケーションの新たなソフトウェアバグを防止するために、MISRA 2004およびMISRA 2012用の統合されたMISRA C / C ++アドヒーレンス・チェッカーが、MULTI開発ツールとシームレスに統合され、DoubleCheck™スタティック・ソース・アナライザーがプログラミングエラーを識別します。コンパイラとは別に実行される従来のスタティック分析ツールと異なり、DoubleCheckはコンパイル時に自動的に実行されます。ランタイム・エラー・チェック・ツールは、静的分析だけでは特定できないバグを実行時に検出することにより、DoubleCheckを補完します。

バグをより早く見つけて修正
MULTI開発ツールは、RISC-Vおよびその他の主要な32/64ビット・プロセッサ・アーキテクチャでのソフトウェア開発中に、その他の困難な問題をすばやく特定して解決できます。人気のある機能は次のとおりです。

  • MULTIデバッガとJTAGプローブは、1つ以上のRISC-VコアとArmなどの他のコアで構成される、複雑なヘテロジニアスSoC(system-on-chips)のシングル・ウィンドウ・デバッグと制御を実現します。
  • 強力なプロファイラは、各タスク、関数、ソース行、およびアセンブリ言語命令で消費されたプロセッサ時間を明確に表示することにより、パフォーマンスのボトルネックを特定します。
  • MULTI統合生産性ツールの詳細については、
    https://www.ghs.com/products/MULTI_IDE.htmlを参照してください。

提供時期
グリーン・ヒルズのRISC-V向けMULTI開発ツール、最適化されたC / C ++コンパイラ、およびProbeは、現在入手可能です。グリーン・ヒルズのRISC-V向け製品の詳細については、http://www.ghs.com/products/RISC-V_development.htmlをご参照ください。

グリーン・ヒルズ・ソフトウェアについて

1982年に創業したグリーン・ヒルズ・ソフトウェア(Green Hills Software、以下: GHS)は組み込み分野においての安全性とセキュリティに関して世界的なリーダーです。2008年に開発したGHSのINTEGRITY®-178は、NIAP(NSAとNISTで構成のNational Information Assurance Partnership、国家情報保証パートナーシップ)からセキュリティ規格EAL6+のHigh Robustnessの認定を受けた最初にして唯一のオペレーティングシステムとして、これまでのあらゆるソフトウェア製品の中で最高レベルのセキュリティを実現しています。GHSのオープン・アーキテクチャー統合開発ソリューションは、機能安全認証が必要な軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、コンシューマーその他マーケット向けの高度な組み込み型で絶対的な安全性を持ち、高い信頼性のアプリケーションに対応します。本社は米カリフォルニア州サンタバーバラ、欧州本社は英国にあり、アジアパシフィック(APAC)の本社は東京にあります。GHSの詳細はwww.ghs.com をご参照ください。

Green Hills、Green Hillsのロゴ、DoubleCheck は、米国および/または国際的にGreen Hills Softwareの商標または登録商標です。その他すべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

North American Sales Contact:
Green Hills Software
30 West Sola Street
Santa Barbara, CA 93101
Tel: 805-965-6044
Fax: 805-965-6343
Website: www.ghs.com
Email: info@ghs.com

International Sales Contact:
Green Hills Software Ltd
Fleming Business Centre
Leigh Road
Eastleigh SO50 9PD
UNITED KINGDOM
Tel: +44 (0)2380 649660
Fax: +44 (0)2380 649661
Email: mktg-europe@ghs.com

Media Contact:
Green Hills Software
Christopher Smith
Tel: 805-965-6044
Email: media@ghs.com

Japan Contact:
Publitek
Hitoshi Kasai
Tel: +81-90-4376-0123
Email: Hitoshi.kasai@publitek.com