Green Hills Probe V4

ハードウェア・デバッグプローブ Green Hills Probe V4はGreen Hills Software史上最速・最高性能のJTAG・トレース・デバッグプローブです。プローブの搭載する容量4GB、総帯域幅40Gbit/秒の高速トレースメモリを動的実行解析ツール TimeMachine™と接続する事で、ソフトウェアのバグをさらに素早く発見、修正し、最適化して、自信をもってテストできるようになります。

技術概要



容量4GB、総帯域幅40Gbit/秒の高速トレースメモリを搭載するハードウェア・デバッグプローブ Green Hills Probe V4はGreen Hills Software史上最速、最高性能のJTAG・トレース・デバッグプローブです。

Green Hills Probeの主な機能は次の通りです。

  • 容量4GB、総帯域幅40Gbit/秒の高速トレースメモリ
  • 複数の12.5Gbシリアルレーンに対応した最新のHSST(High Speed Serial Trace:高速シリアルトレース)プロトコルをサポート
  • ほぼ100%のデータペイロードで120MHzのJTAGクロックレートを維持する高速ダウンロード
  • 数千種類のプロセッサで主要なデバッグ/トレース・インタフェースをサポート
  • TimeMachineスイートと密接に統合
  • 大量のデータ群からキーとなる実行点を素早く特定可能な洗練された解析ツール
  • 液晶画面で設定・診断・工場出荷時への初期化を簡単に行える表示部を追加
  • USBホストと電源ポート、EthernetスイッチとLANポートを追加し、ハブとしても使用可

ハイゼンバグにフォーカスした設計

TProbeV4はハイゼンバグの発見を目指したツールです。ハイゼンバグとは、デバッグ中に消えてしまう、または再現できないバグを指します。このように姿を消すバグはソフトウェアや製品の完成を際限なく遅らせる原因となります。業界標準のプロトコルで高速トレースキャプチャできるだけでなく、深いキャプチャバッファを装備するGreen Hills Probe V4は、主要プロセッサ向けの開発において、ハイゼンバグを見つけ出すのにもっとも効果的な武器となるトレースキャプチャ機能を提供します。

実行制御・トレース機能

幅広いターゲットサポート

Probe V4は数千種類のプロセッサで、トレースポートを広範囲にサポートします。

RTOSを意識したデバッグ

統合開発環境 MULTI®との連携で、Green Hills SoftwareのリアルタイムOS INTEGRITY®に対応するRTOSを意識したデバッグ機能を提供します。

最速ダウンロードスピード

容量4GB、総帯域幅40Gbit/秒の高速トレースメモリを搭載するProbe V4ならダウンロード時間を最小にして開発期間を短縮できます。サポートするJTAGクロックは2.5kHzから120MHzで、データペイロード使用率はほぼ100%、ターゲットプロセッサへのダウンロード速度を最速化します。

柔軟なモジュール式

Green Hills Probe V4はGreen Hills Probe V3とハードウェア・デバッグプローブ SuperTrace™ Probeを両方とも置き換えるもので、ユーザー側での設定を簡素化します。単体でプロセッサ非依存のGreen Hills Probe V4は、JTAG+パラレルトレースのポッドとして、あるいは、高速シリアルトレース(HSST)のポッドとして設定可能で、さらにターゲットプロセッサに合わせてプロセッサ・アダプタを追加します。

システム拡張とテスト自動化

Probe V4はターゲットボードで一般的に使われる電源と通信インタフェースを実装しており、ボードの配線をすっきりできるだけでなく、これらのインタフェースへのデバッグ出力も可能です。

  • ターゲットボードは12V/2Aのスイッチ式電力ポートまたは5V/1.5AのUSB Type Aポートから給電可能
  • フロントパネルには予備のEthernetポートを持つEthernetスイッチが組み込まれ、ターゲットボードから利用可能
  • USBホストによる付属USBシリアルアダプタのサポートでターゲットボードのシリアルポートと通信

選べるターゲット電圧

I/Oインタフェース電圧を1.65Vから5Vの範囲で選べます。接続のターゲットも色々と選べます。

マルチコアのデバッグ

Green Hills Probe V4では1本のJTAGスキャンチェーンでマルチコアのデバッグとマルチコアのトレースが可能です。つまりもっとも複雑なデバッグにも応用できます。

サイクル精度

トレースターゲットで指定がある場合、Green Hills Probe V4はトレースデータをサイクル精度でキャプチャするので、開発者は各命令が何サイクル消費するか把握できます。そのため、キャッシュや他のメモリシステムの影響も解析できま す。サイクル精度モードでは、メモリシステムの内部がわかるだけでなく、システム性能と最適化の効果を、より正確に測定できます。

可変のトレースクロック

可変のトレースクロック・ インタフェースを持ち、トレースデータとクロック配線のタイミングスキューを自動調節できるので、トレース収集の信頼性を高めることができます。

動的実行解析ツールTimeMachine



TimeMachineスイートのPathAnalyzer™はアプリケーションのコールスタックを時系列でグラフィカルに表示します。

Probe V4で集めたトレースデータをフルに活用するために、TimeMachineスイートが統合開発環境 MULTIの機能強化の役割を果たします。

  • 競合条件とタイミングの問題を発見、修正
  • コードを視覚化し素早く理解、デバッグと性能チューニングが可能
  • 実行、ブレークポイントの設定、プログラム実行順序を合わせながらデータを逆再生
  • 再現の難しい問題をつかまえ再現することでデバッグサイクルを高速化

デバッグポッド

Green Hills Probe V4は、Trace Everywhere(TE)トレース・ポッド経由で並列トレースとJTAGターゲット接続をサポートするか、または高速シリアルトレース(HSST)ポッドでシリアルトレース・ターゲットをサポートするように設定可能です。

サポートするターゲットアダプタは次の通りです。

  • Arm CoreSight-10
  • Arm CoreSight-20
  • Arm ETM/CoreSight MICTOR
  • Arm SWD
  • Arm-14
  • Arm-20
  • COP
  • CoreSight HSSTP
  • EJTAG2.5
  • EOnCE
  • Intel MIPI60
  • MIPI-34
  • MIPI-60
  • MIPS PDTrace
  • Nexus HP50
  • Nexus HS22 (Aurora-11)
  • Nexus HS34 (Aurora-17)
  • Nexus HS70 (Aurora-35)
  • Nexus MICTOR
  • PPC BDM
  • TI-14
  • TriCore
  • Xilinx-14