News & Press

Green Hills Software Expands INTEGRITY Support to Include RISC-V Architecture

Green Hills Software、INTEGRITYのサポート対象をRISC-Vアーキテクチャに拡大

Offerings enhanced through partnerships with leading global RISC-V technology providers

INTEGRITY RTOS support for RISC-V

SANTA BARBARA, CA — October 6, 2021 — Green Hills Software, the worldwide leader in embedded safety and security, today announced the availability of its safety and security-critical INTEGRITY® real-time operating system (RTOS) for RISC-V. With this, electronics manufacturers worldwide can confidently build and deploy safety and security-critical, high performant RISC-V systems with the same trusted software foundation that runs and protects millions of today’s critical systems found in cars, aircraft, trains, secure phones, and surgical devices. INTEGRITY is integrated with industry-leading RISC-V processor solutions including hardware reference boards from Microchip and SiFive, along with processor intellectual property (IP) from SiFive, a leading RISC-V IP provider. This support provides the path to enabling device manufacturers to reduce the time, cost and complexity of developing and deploying critical software for automotive, military, IoT and industrial solutions based on the new RISC-V processor architecture.

INTEGRITY and its advanced MULTI® integrated development environment solve three important challenges facing software development teams who will utilize RISC-V SoCs:

  • Safety and Security – INTEGRITY is based on a separation kernel architecture that provides resource guarantees, hard real-time determinism and was designed from the beginning to achieve maximum security and safety.
  • Powerful Debugging – The MULTI debugger with its advanced C/C++ compilers and analysis tools is purpose-built to find even the most difficult bugs on complex RISC-V SoCs comprised of multiple heterogenous cores where the RISC-V core is either the main general-purpose CPU or a secondary special-purpose acceleration core alongside a CPU, such as an Arm® core.
  • Production-Ready – Start developing production-ready systems today on leading RISC-V reference boards to meet production requirements for performance, memory efficiency and functional safety (FuSa) through use of Green Hills INTEGRITY and MULTI solutions with their certifications at the highest levels of functional safety for automotive (ISO 26262), industrial systems (IEC 61508) and railway (EN 50128).

“As a leading supplier of SoC FPGAs that offer exceptional reliability, the best security and 30-50% lower power than competing devices, having Green Hills Software bring its full safety and security portfolio to customer applications using PolarFire® SoC is a significant milestone for the Mi-V RISC-V ecosystem and to the larger RISC-V ecosystem,” said Tim Morin, Technical Fellow and Marketing at Microchip Technology Inc. “The addition of safe and secure software tools will greatly enable the ability of our joint clients to innovate with a free and open ISA.”

“The integration of safety and security-critical RTOS, INTEGRITY, into SiFive HiFive products is an exciting step forward for the RISC-V and SiFive ecosystem,” said Dr. Yunsup Lee, CTO, SiFive, and co-inventor of RISC-V. “The market for trusted RISC-V-based solutions is growing rapidly and the support of Green Hills Software’s deep experience will create opportunities for the SiFive Performance, Intelligence, and Essential families of RISC-V-based IP.”

This new INTEGRITY support adds to the existing range of Green Hills products that are optimized for RISC-V and already in use by customers, forming a complete portfolio of mature and production-ready software development solutions for RISC-V, including:

  • INTEGRITY RTOS – Safe and secure separation kernel for multicore embedded systems.
  • µ-velOSity™ RTOS – Small and fast for deeply embedded use.
  • MULTI IDE – Integrated C and C++ development environment for advanced multicore debugging with support for custom RISC-V instructions, delivering tools functional safety qualification and C/C++ run time library certification at the highest safety levels for ISO 26262 and IEC 61508.
  • Green Hills Probe v4 – For multicore hardware bring-up, low-level debugging, and trace-powered analysis tools.
  • Services to help customers achieve the required level of safety, security and performance while enabling the highest possible developer productivity.

Availability
The INTEGRITY RTOS, MULTI IDE and the Green Hills Probe are available today to early-access customers for the Microchip PolarFire Icicle Kit and the SiFive HiFive Unmatched board.

About Green Hills Software

Founded in 1982, Green Hills Software is the worldwide leader in embedded safety and security. In 2008, the Green Hills INTEGRITY-178 RTOS was the first and only operating system to be certified by NIAP (National Information Assurance Partnership comprised of NSA & NIST) to EAL 6+, High Robustness, the highest level of security ever achieved for any software product. Our open architecture integrated development solutions address deeply embedded, absolute security and high-reliability applications for the military/avionics, medical, industrial, automotive, networking, consumer and other markets that demand industry-certified solutions. Green Hills Software is headquartered in Santa Barbara, CA, with European headquarters in the United Kingdom. Visit Green Hills Software at https://www.ghs.com.

Green Hills, the Green Hills logo and INTEGRITY, MULTI, and µ-velOSity are trademarks or registered trademarks of Green Hills Software in the U.S. and/or internationally. All other trademarks are the property of their respective owners.

Green Hills Software、INTEGRITYのサポート対象をRISC-Vアーキテクチャに拡大

世界的なRISC-Vテクノロジープロバイダーとの提携により、製品の提供を強化

組込み機器の安全性とセキュリティにおける世界的なリーダーであるGreen Hills Software社(本社: 米カリフォルニア州サンタバーバラ)は、安全性とセキュリティを重視したINTEGRITY®リアルタイム・オペレーティング・システム(RTOS)のRISC-V版を発表しました。これにより、世界中の電子機器メーカーは、自動車、航空機、列車、携帯電話、手術器具などに搭載されている何百万もの重要なシステムを実行・保護しているのと同じ信頼性の高いソフトウェア基盤を用いて、安全性とセキュリティが重視された高性能なRISC-Vシステムを構築・導入することができます。INTEGRITYは、マイクロチップ社やSiFive社のハードウェアリファレンスボード、RISC-V IPのリーディングプロバイダーであるSiFive社のプロセッサIPなど、業界をリードするRISC-Vプロセッサソリューションと統合されています。このサポートにより、デバイスメーカーが新しいRISC-Vプロセッサアーキテクチャをベースにした自動車、軍事、IoT、産業用ソリューション向けの重要なソフトウェアを開発・展開するための時間やコスト、複雑さを軽減可能とする解決策をご提供します。

INTEGRITY とその先進的な統合開発環境 MULTI® は、RISC-V SoC を活用しようとするソフトウェア開発チームが直面する、次の重要な課題を解決します。

  • 安全性とセキュリティ - INTEGRITY は、分離型カーネルアーキテクチャをベースに、リソース保証、ハードリアルタイム決定性を提供し、最大限の安全性とセキュリティを実現するために最初から設計されています。
  • 強力なデバッグ機能 - 高度なC/C++コンパイラと解析ツールを備えたMULTIデバッガは、RISC-Vコアがメインの汎用CPUであったり、Arm®コアのようにCPUと並んで二次的な特殊用途の加速コアであったりするような、複数の異種コアで構成された複雑なRISC-V SoCにおいて、最も困難なバグを発見することを目的として作られています。
  • プロダクション・レディ - Green HillsのINTEGRITYおよびMULTIソリューションは、自動車(ISO 26262)、産業用システム(IEC 61508)、鉄道(EN 50128)などの最高レベルの機能安全認証を取得しており、性能、メモリ効率、機能安全(FuSa)などの生産要件を満たす、最先端のRISC-Vリファレンスボードを使用した生産システムの開発が可能です。

マイクロチップテクノロジー社でテクニカルフェロー兼マーケティング担当を務めるTim Morin氏は、次のように述べています。「卓越した信頼性、最高のセキュリティ、競合デバイスに比べて30~50%の低消費電力を実現するSoC FPGAのリーディングサプライヤとして、Green Hills Software社がPolarFire® SoCを使用する顧客アプリ

ケーションに安全性とセキュリティのポートフォリオを全面的に提供することは、Mi-V RISC-Vのエコシステムと、より大きなRISC-Vのエコシステムにとって重要なマイルストーンです。安全でセキュアなソフトウェア ツールが加わることで、共同のお客様がフリーでオープンなISAを使ってイノベーションを起こす能力が大きく向上します」

SiFive社のCTOであり、RISC-Vの共同開発者であるYunsup Lee博士は、次のように述べています。「安全性とセキュリティが重要なRTOSであるINTEGRITYをSiFive HiFive製品に統合することは、RISC-VとSiFiveのエコシステムにとってエキサイティングな一歩です。信頼できるRISC-Vベースのソリューションの市場は急速に成長しており、Green Hills Softwareの深い経験によるサポートは、SiFiveのPerformance、Intelligence、EssentialといったRISC-VベースのIPファミリーにチャンスをもたらすでしょう」

今回のINTEGRITYサポートにより、RISC-Vに最適化され、すでにお客様にご利用いただいているGreen Hills製品に加えて、以下のようなRISC-V向けの成熟したソフトウェア開発ソリューションの完全なポートフォリオが形成されました。

  • INTEGRITY RTOS - マルチコア組込みシステム向けの安心・安全な分離型カーネル
  • μ-velOSity™ RTOS - 小型で高速な組込み用RTOS
  • MULTI IDE - カスタムRISC-V命令に対応した高度なマルチコアデバッグ用のC/C++統合開発環境で、ISO 26262およびIEC 61508の最高の安全レベルでのツール機能安全認証およびC/C++ランタイムライブラリ認証を提供
  • Green Hills Probe v4 - マルチコアのハードウェアの立ち上げ、低レベルのデバッグ、トレースを用いた解析ツール
  • 求められる安全性、セキュリティ、パフォーマンスを実現し、開発者の生産性を最大限に高めるためのサービス

入手方法

INTEGRITY RTOS、MULTI IDE、Green Hills Probeは、マイクロチップ社のPolarFire Icicle KitとSiFive社のHiFive Unmatchedボードのアーリーアクセスのお客様に、本日よりご提供いたします。

グリーン・ヒルズ・ソフトウェアについて

1982年に創業したグリーン・ヒルズ・ソフトウェア(Green Hills Software、以下: GHS)は組み込み分野においての安全性とセキュリティに関して世界的なリーダーです。2008年に開発したGHSのINTEGRITY®-178は、NIAP(NSAとNISTで構成のNational Information Assurance Partnership、国家情報保証パートナーシップ)からセキュリティ規格EAL6+のHigh Robustnessの認定を受けた最初にして唯一のオペレーティングシステムとして、これまでのあらゆるソフトウェア製品の中で最高レベルのセキュリティを実現しています。GHSのオープン・アーキテクチャー統合開発ソリューションは、機能安全認証が必要な軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、コンシューマーその他マーケット向けの高度な組み込み型で絶対的な安全性を持ち、高い信頼性のアプリケーションに対

応します。本社は米カリフォルニア州サンタバーバラ、欧州本社は英国にあり、アジアパシフィック(APAC)の本社は東京にあります。GHSの詳細はwww.ghs.com/japan/index.htmlをご参照ください。

Green Hills、Green Hillsのロゴ、INTEGRITY, MULTI, Multivisor, µ-velOSityは米国および/または国際的にGreen Hills Softwareの商標または登録商標です。その他すべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

North American Sales Contact:
Green Hills Software
30 West Sola Street
Santa Barbara, CA 93101
Tel: 805-965-6044
Fax: 805-965-6343
Website: www.ghs.com
Email: info@ghs.com

International Sales Contact:
Green Hills Software Ltd
Fleming Business Centre
Leigh Road
Eastleigh SO50 9PD
UNITED KINGDOM
Tel: +44 (0)2380 649660
Fax: +44 (0)2380 649661
Email: mktg-europe@ghs.com

Media Contacts:
Green Hills Software
Christopher Smith
Tel: +1 805 965 6044
Email: media@ghs.com

Japan Contact:
Publitek
Hitoshi Kasai
Tel: +81-90-4376-0123
Email: Hitoshi.kasai@publitek.com